ものを捨てなければと思うのですが、どんなものから捨てればいいのでしょうか?不要なものを判断して捨てる方法

■捨て方ルールを決めよう
家をきれいに掃除するのに、多くのものがゴチャゴチャとあったのでは、なかなかはかどりませんよね。いらないものをドンドン捨てられればいいのですが、本当にもう使わないものなのか、判断に困ることもあります。そんな場合は、ものを捨てるルールを作っておくといいでしょう。

■1年間使わなかったものは捨てる
期間を区切ると、ものが捨てやすくなります。丸1年使わなかったものは、今後も使う可能性は低いでしょう。一度決めたら、ルールに則ってバンバン捨てていきましょう。でも、「アレを捨てなきゃよかった」と後悔するものも出てくるときがあります。

そんなときは、「いや、アレよりもっと安くていいものが売り出されているはずだ」とか、「アレが今あったとしても、劣化して使えなかったはず」とさっさと忘れるようにしましょう。捨てなかった自分よりも、ちゃんと捨てられた自分を褒めてあげてください。

その分のスッキリした気持ちと空間をゲットできたのですから。

■置き場所を決めておく
使う頻度の少ないものは、捨てる期間がくるまでまとめて置いておくようにしてみましょう。そうすると、それらのものを意識することができますし、必要なものであればまた使うようになります。こうして整理しておくだけで、必要なものと不要なものの区別ができるようになります。

もしその置き場所がいっぱいになったら、一番古いもの、使う可能性が低いものから捨てていくようにし、置き場所を広げないようにします。続けていくうちに、捨て方が身についていくでしょう。

■ものを増やさない工夫
セールに出会うと、ついまとめ買いをしますよね。とても賢い買い物方法ですが、度が過ぎると整理がつかなくなってしまいますし、結局捨てることになる可能性もあります。例えば調味料を大量に買い置きしたとしたら、当然キッチンには収納しきれませんよね。

そうなるとどこかほかの場所に仕舞うことになりすが、忙しい日常ではどこに仕舞ったか忘れてしまうことも少なくありません。発見したときには賞味期限が切れていることも。買い置きは2コまで、などとルールを決めておきましょう。洋服なども、安いからと勢いにまかせて買わずに、「本当に着る?」と冷静に考えてから買うようにしましょう。

値札がついたままの服がタンスに眠っている人は、特に注意してくださいね。

ものを捨てなければと思うのですが、どんなものから捨てればいいのでしょうか?不要なものを判断して捨てる方法

家をきれいに掃除するのに、多くのものがゴチャゴチャとあったのでは、なかなかはかどりませんよね。


Copyright© 2016年6月13日 梅雨時に知っておきたいガラスのお掃除の方法や修理の方法について
http://www.dreamkill.com All Rights Reserved.