家のカーテンの掃除や洗濯の方法を教えて下さい。カーテンは意外と汚れている!自分でカーテンを洗濯してみよう。

カーテンには、ホコリや手垢、タバコのヤニといった汚れがついているほか、結露しやすい窓のそばにあるためカビも発生しやすいです。キレイに見えても意外と汚れているため、普段の掃除だけでなく洗濯することも必要です。普段の掃除は、ハタキやブラシノズルをつけた掃除機などを使ってホコリを落としましょう。

洗濯の目安は、ドレープなら年に1回、レースカーテンなら年に2、3回ほどです。

「まずカーテンレールを掃除しよう」
忘れがちなのがカーテンレールの掃除です。せっかくカーテンをキレイにしても、レールからホコリが落ちてきて汚してしまうことも。カーテンレールは、まずハタキやブラシノズルをつけた掃除機でホコリを吸い取ります。次に住宅用洗剤をつけた雑巾で拭いていきましょう。

レールの溝部分は、割りばしに雑巾を巻きつけるなどして拭いていきます。

「カーテンの洗濯」
変色したり傷んだりすることがないよう、洗濯する前に必ず洗濯ラベルをチェックして下さい。カーテン素材として一般的なポリエステルなら自分で洗うことができます。レーヨンや麻、アクリルなどはカーテンクリーニング店にお願いしましょう。

1.洗濯機に入れる前にできるだけホコリを落とします。そのとき生地に傷みがないかをチェックしましょう。

2.フックをつけたままだと、カーテンや洗濯槽を傷つけてしまうのでフックはすべて取り外します。無くさないように袋にまとめておくと良いでしょう。

3.プリーツに沿って折りたたんだら洗濯ネットにいれて下さい。洗剤はおしゃれ着用のものを使います。洗濯機の設定は、水量を最大、手洗いコースやドライコースを選びます。

4.カーテンがシワにならないよう脱水時間は短くして下さい。また、生地が傷んでしまうため乾燥機の使用は避けて下さい。

5.元通りカーテンレールにかけたら、手でポンポンとたたいてシワを伸ばして自然乾燥させましょう。水が滴ることがあるため、カーテンの下にビニールシートを敷いておくと良いでしょう。屋外に干す場合は陰干しをして下さい。

汚れが酷い場合は、50度ほどのお湯に中性洗剤を入れたあと30分から1時間ほどつけておきます。

家のカーテンの掃除や洗濯の方法を教えて下さい。カーテンは意外と汚れている!自分でカーテンを洗濯してみよう。

カーテンには、ホコリや手垢、タバコのヤニといった汚れがついているほか、結露しやすい窓のそばにあるためカビも発生しやすいです。


Copyright© 2016年6月21日 梅雨時に知っておきたいガラスのお掃除の方法や修理の方法について
http://www.dreamkill.com All Rights Reserved.