重曹やお酢、クエン酸などを使った家の掃除方法を教えて下さい。お酢や重曹を使ってナチュラルクリーニングをしてみよう。

ナチュラルクリーニングという言葉を聞いたことありませんか?これはお酢やクエン酸、重曹などを洗剤代わりに使ってお掃除するというもの。どこの家庭にもお酢や重曹などはあるため洗剤を買う必要がなく経済的です。さらに、人体に優しいので手荒れを起こしにくく、合成洗剤を流すよりも環境に優しいなどといったメリットがあります。

「酸性とアルカリ性を組み合わせて掃除しよう」
理科の授業で、酸性や中性、アルカリ性などの勉強をしましたよね。お酢やクエン酸は酸性、重曹はアルカリ性です。ナチュラルクリーニングのポイントは、酸性の汚れにはアルカリ性を、アルカリ性の汚れには酸性を組み合わせることで、中和反応を起こさせることです。

中和反応が起こると汚れがはがれやすくなるため、頑固な汚れでも水を使わず落とすことができるんですよ。酸性の汚れとは、手垢や皮脂、油汚れや湯垢などで、アルカリ性の汚れとは、せっけんカスや水垢、アンモニアやタバコ臭などです。注意したいことは、大理石や鉄などは酸性に弱いため、お酢やクエン酸を使うと変色したりサビついたりしてしまいます。

塩素系洗剤と混ざれば塩素ガスが発生して、目や鼻などの痛みのほか、呼吸困難といった重い症状が出るおそれがあります。もし塩素ガスが発生してしまったら、ニオイがなくなるまで近寄らないようにしましょう。アルミニウムや生木に重曹を使うと黒ずんでしまうため避けて下さい。

「具体的にどうやって掃除するの?」
お酢の種類は、すし酢や果実酢など調味料が混ざっているものはベトついてしまうので、ホワイトビネガーを使いましょう。お酢なら水と1対1の割合で、クエン酸なら200mlの水に小さじ1杯ぶんを混ぜたあとスプレー容器に入れて使います。重曹なら、粉チーズのビンのような容器に入れると、目詰まりしにくく使いやすいです。

汚れに振りかけたあと布で拭くだけOK。頑固な汚れは、水を加えて重曹水や重曹ペーストを作って掃除してみましょう。重曹水なら250mlの水に大さじ1杯分を混ぜて作り、重曹ペーストなら水と3対1の割合で混ぜて作ります。

重曹やお酢、クエン酸などを使った家の掃除方法を教えて下さい。お酢や重曹を使ってナチュラルクリーニングをしてみよう。

ナチュラルクリーニングという言葉を聞いたことありませんか?


Copyright© 2016年6月7日 梅雨時に知っておきたいガラスのお掃除の方法や修理の方法について
http://www.dreamkill.com All Rights Reserved.